オダギリジョーのCMで人気!年会費永久無料 ライフMasterCard

スポンサーサイト

  • 2008.10.28 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


貯金爆弾ってご存知ですか?

貯金爆弾ってご存知ですか?
金融機関の貯金の名称ではありません・・・。

ひそひそと話をしているのが気になり、家に帰るなり早速、ネットで探して見ました。するとありました、さすが「gooニュース」です!!

少し古いですが、東京おもちゃショー 2007の記事で掲載されていました。簡単に言うと、そのネーミング「貯金爆弾」の通り、貯金をするための貯金箱なのですが、貯金するのを忘れると、「爆発」する仕掛けがついているというもの。

この貯金爆弾は、「人生銀行」で貯金箱ブームを作ったタカラトミーが発売するもので、現在予約を受け付けています。ですので、貯金爆弾を手に入れるのは10月25日以降になります。

新しいもの好きの方は、必見!おもしろそう〜♪

・貯金しないと爆発する貯金箱>>>貯金爆弾

変額年金とは

変額年金とは?

最近、保険会社はもちろんのこと、銀行や証券会社などで積極的に販売している、「変額年金保険」。この変額年金とは、いったいどういうもの?

変額年金とは、個人年金のひとつで、(豊かな将来のためと思い?)また低金利も手伝って購入者が最近多いよう。

この変額保険は、契約者が保険料として払い込んだ資金を投資信託などで運用して、その「運用成績」によって年金額や解約返戻金がなどが「変動」する年金保険で、満期時には、一括受取や終身受取など受取方法が選択できる。

・保険料は、投資信託などで「運用」される
 →相場により、年金額や解約返戻金が「変動」する
・受け取り時は、一括もしくは年金から選択


預金と貯金の違い

「預金」と「貯金」
預金と貯金はもちろんご存知ですね?
同じと思っておられる方、多いのではないでしょうか?
せっかくですので、この機会に整理しておきましょう!

「貯金」とは・・・郵便局などの「公的金融機関」にお金を預けることをいう。
「預金」とは・・・銀行など「民間金融機関」にお金を預けることをいう。


要するに、お金を預ける対象が、「公的な金融機関」か「民間の金融機関」かで表現が違うのです。聞けば、「何だそんなこと!」と思いましたね。しかし、結構混同している方が多いのも現実です。

これからは、注意して使い分けましょう!



投資信託とは

投資信託とは?
投資信託は、通称?「投信」とよばれている、金融商品のひとつ。近年郵便局で販売されるようになり、投資信託が身近なものとなっています。
では、いったい投資信託とは、何なのでしょうか?
郵便局で販売されていることもあって、「元本割れ」はないと思っておられる方も多いかもしれませんが、あくまでも投資信託という金融商品です。元本割れの可能性はあります。
投資信託は、字のごとく「(自分のお金を)信じて託す」ということ。
(信じて託すと思う)投資家が、そのお金を運用する会社へお金を預けます。運用会社は、ファンドマネージャーとよばれる人たちが、その預かったお金を株式や債券、金融商品、不動産などに投資し、その運用で儲かった利益を投資家に分配金として渡すことになります。しかし、利益ばかりではありません。運用結果で損失が出た場合も、投資家がその損失を被ることになります。
運用先は、上記の金融商品に加え、国やセクター(業種)、銘柄など運用対象とするものにより、それぞれ商品としてあり、現在数え切れないほどの種類の投資信託が販売されています。
お金の雑学
投資信託のことを・・・
アメリカでは、ミューチャル・ファンド(mutual fund)
イギリスでは、ユニット・トラスト(unit trust)
といいます。




BRICsとは

「BRICs」とは?

BRICsという言葉、よく聞きませんか?
「BRICs」とは、経済発展が著しく、また経済成長も目覚ましい「新興国」といわれる国の頭文字を合わせた、造語です。

・ブラジル(Brazil)
・ロシア(Russia)
・インド(India)
・中国(China)
・南アフリカ(South Africa)

「BRICs」の「s」は4つの国の造語なので、複数形の「s」という解釈と、南アフリカ(South Africa)の頭文字「s」と解釈される2パターンあります。

この「BRICs」という表現の始まりは、アメリカの「ゴールドマン・サックス証券」が、2003年10月に発表した、投資家向け報告書「Dreaming with BRICs: The Path to 2050」に用いて以後、世界に広まるようになりました。

現在、日本でも「BRICs」関連の投資信託が販売されています。それら新興国の株価と同時に為替の影響も受けますので、かなり変動します。購入の際はご注意下さい。