オダギリジョーのCMで人気!年会費永久無料 ライフMasterCard

スポンサーサイト

  • 2008.10.28 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


IPO 中国本土から初上場 東証マザーズ

中国・北京に本拠を置く新興企業「アジア・メディア」が26日、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場した。中国本土企業の日本の株式市場への上場は初めて。東証は証券取引所の国際再編をにらみ、外国企業の誘致活動に積極的で、今後もアジアを中心に新規上場が増える見通し。

取引開始直後、「アジア・メディア」株には買い注文が集中して値が付かず、午前9時10分すぎに、公開価格より32円(5%)高い672円の初値を付けた。その後も公開価格を割り込むことはなく、112円(17・5%)高い752円でこの日の取引を終えた。
(gooニュースより引用)
「アジア・メディア」
2004年7月設立。
中国でケーブルテレビなどを通じて、テレビ番組ガイドなどを配信しているほか、広告代理店業務も行っている。
2006年12月期連結決算は売上高が33億円、最終利益が8億円。
(gooニュースより引用)


スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • 2008.10.28 Tuesday
  • -
  • 09:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック